ASUSのゲーミングモニターVG258QR-Jを開封レビュー!!!

  • 2021年1月23日
  • Game
  • 177view
  • 0件
Pocket

先日、サブモニターとしてASUSのゲーミングモニターを購入しました

使用してみてどうだったのか、レビューしていきたいと思います!

 

 


今回購入したゲーミングモニターのスペック


https://www.asus.com/jp/Monitors/VG258QR-J/

 

メーカー ASUS
型番 VG 258QR-J
サイズ 24.5インチ
解像度 1920×1080
リフレッシュレート 165Hz
パネル TN
応答速度 0.5ms
購入価格 23,515円

 

 

購入した理由

実は新しくPCを購入しようと考えており、そのPCでは、動画配信や動画編集を主な用途として使用する予定だったので、それ用のモニター購入を考えていた

配信というのは、基本的に配信プラットフォームに準拠する形にフォーマットされて配信され、また視聴者の環境に合わせて視聴されるので、いくらモニターのスペックを盛ったとしても、それがそのまま視聴者に配信できるわけではない

そうとは言え、なるべく元映像と同じ環境でモニターができるメリットもあると考えたし、今後、プレイステーションだけでなく、PCでのゲームも少し楽しんでみたかったので、少しモデルのスペックを上げて、リフレッシュレートが高いモデルを選んだという感じだ

元々はBenQのゲーミングモニターを購入しようと考えていたのだが、たまたまその頃に開催されたAmazonセールでセール価格になっているのは見つけてしまったので、即座に検討し、購入することにした

いつかはBenQのモニターも使ってみたいと思っている

 

起動してみての第一印象

デザインはゲーミングモニターにありそうなギラギラ感もなく、至ってシンプル。安価なモニターではあるが、スタンドの可動域も、上下、左右に回転だけでなく、縦軸でも回転するので、十分

 

初期設定時点での映像は、かなり色味がキツくて違和感を感じた。絵の具でベタ塗りしたかのようと言えば近い。これはASUSのモニターの特徴なのかもしれないが、モードの変更や調整などでマシにはなるのである程度問題はないが、ただ調整をしても、基本的な色味は強めなので、要注意。僕は個人的に自然な色合いが好みなので、その点ではあまり好きではない。

 

リフレッシュレートに関して、元の入力が60FPSなのも大きいと思うが、LGのウルトラワイドモニターとの違いは感じられなかった。著しく、劣化を感じなかったので良しとする。

 

サイズに関して、現在34インチのウルトラワイドモニターを使用しているので、サイズの小ささをどう感じるかと思っていたが、24.5インチでも十分な大きさを感じられた。これは意外な結果。逆に、24.5インチはゲームにちょうど良い大きさで、距離の近さなどにより圧迫感もなく、非常に集中してプレイしやすい大きさ。34インチのウルトラワイドモニターは、大きくて迫力があり、世界観を感じられるのはとても良いが、距離が近すぎると圧迫感があり、とてもじゃないが近い距離ではプレイできない。これはどちらも一長一短だと思う。ただ、ゲームが好きな人、好きなタイトルがある方であれば、テレビでゲームをするのではなく、ぜひゲーミングモニターでプレイしてみて欲しい。やはり専用のものでゲームをプレイするのは実用的にも精神的にもかなり効果があり、自分自身を満たしてくれる。比較的安価で24.5インチでも満足できるであろうと思う。

 

ケーブルの差し込み口が、背面にあり、向きが下向きについているのは×。本当に頂けない。とても差し込みにくく、何ならスタンドから外して、右手で持ち上げだ状態で、左手でケーブルを差しこみたいぐらいであった、というか実際にそうして差し込んだ。本当に残念。まずHDMIのポートなのか、Displayポートなのかも、場所を覚えなければ、事前に視認するのは難しい。頻繁に抜き差しするような環境ではかなり使いづらさを感じると思う。

 

まとめ

総じて、2万円と少しで購入できることを考えれば、導入ハードルが低いモニターとしては十分に満足できるスペックをもったゲーミングミニターではないかと思う。こういったモデルから最初は始めてみて、その後さらに良いモデルに買い替えていくというのも悪くはない選択肢。まずはゲーム用に専用のモニターを購入するというアクション自体がモチベーションが高くて良い。テレビでは味わえない臨場感が味わえると思う。

事実、うまいと言われるプレイヤーほど、テレビではプレイしていない

 

 

 

ちなみにPCなどでゲームをプレイする予定がないということであれば、さらに安価な1万円台で購入できるリフレッシュレートが60Hzのモデルがある。プレイステーションやニンテンドースイッチなどのハードでしか使わない方はそちらの方が良い選択肢にもなるだろう。

例えば、以下のようなモデルがオススメ

 

 

 

今回もここまで読んで頂きありがとうございました。

 


前回の記事

APEX LEGENDS【PS4】ゴールド、シルバー、ブロンズから抜け出せないプレイヤーに足りないもの

最新情報をチェックしよう!