中華製アクションカメラ【MUSON MAX1】の少し残念な点

  • 2021年7月4日
  • Vlog
  • 10view
  • 0件
Pocket

最近、MUSONのMAX1でVLOGを撮影していたんですが、使っていく中で残念な点が出てきました

 

早速、結論行きますと、それは、

マイクの質がちょっと悪いかなー。。。

 

というところです。について解説していきます。

 


MUSON MAX1とは


公式HP⇨

https://musonworld.com/products/max1

 

 


MUSON MAX1の評判

1万円以下で購入できる中華製アクションカメラの中では、よく取り上げられ評判が良い、価格相応かそれ以上のコスパを誇るアクションカメラ。割と有名で、アクションカメラを色々と調べていくと、スペックやレビューなどで、予算1万円以下なら、大抵の方が候補に入るカメラだと思う。僕はAmazonのセールでゲットしたので8,000円くらいで購入したと思う。勢いで購入したものの、使う場面がなく、永らくしまっていたが、ようやく最近使い始めたので、レビューをしている。

繰り返しにはなるが、初めて購入するには嬉しい下画像のような”充実したセット内容”もあり、オススメ度が加速する。が実際は僕はそのほとんどを使っていないが、まぁないよりはある方が、色々なシーンに対応できて良いだろう。

 


つい先日、VLOGには割と良いんじゃないかという記事も書いた。それはこちらから⇨

VLOGを撮影してみて分かった!MUSONのアクションカメラMAX1が意外と良かった!!

 


及第点はクリア

その後も何本か撮影で使い続けてはいたのだが、まずまず良い、及第点はクリアかなといった印象は今も変わらないし、良いカメラだと思う。1万円以下ですから。

ライトユーザーの方が普通に撮影する分には十分じゃないだろうか。本気で映像にこだわりたい方にはオススメはできないが画質は結構きれいである。やはりFHDで撮影するよりも、4Kで撮影し、FHDで書き出した方が映像は綺麗だ。僕のアップロードしたYoutubeの映像で比較しても明らかなのでご参考までにのせておく。ちなみに、こういった安いアクションカメラの性能を測る上で大切なのが、野外の明るいところで撮影をするとある程度綺麗に撮影できてしまうようで、それよりは比較的暗所での撮影で性能の良し悪しがわかるようだ。こちらの映像は屋内で電球以外のライトも使っておらず、一般的な明るさといった感じなので、そういう意味では画質検証には割と良い映像なのではないかと思う。これより暗くすると、やはり少し画質が落ちる印象だが、これ以上暗いところでの撮影はそんな需要もないだろうから、これくらいの一般的な明るさでどれくらい撮れるのか参考になれば良いな。

 

FHDで撮影

 

4Kで撮影

 


音質について

本題である音質について。冒頭でも述べた通り、ちと改善の余地があると思う。というのも、上であげたYoutubeの映像でも明らかなのだが、途中からiPhoneでの撮影にk利変わっているところだ。明らかにiPhoneの方がノイズが少ない。。。

逆にMUSONは、ノイズが全編に渡って”サー”っと入っているのがハッキリとわかると思う。もちろん比べなければ、そのままでいけるかも?気になる方は一部かも?とは思わなくもないが、それでも、ノイズがないほうが視聴環境としては良好なのは明らかなので、どうせ撮影するのであれば気にしたいポイントではある。これは実に惜しい部分だ。

*これはiPhone11ProMaxと比較して、悪かったと言う内容ですので、その点、ご了承お願い致します。

 


ちなみにこのMUSON MAX1には3.5mmのミニジャックがあり、外部マイクの接続が可能なので、そこには少し期待が持てる。ただし、そこにも問題が。実際に体験した話ではなくレビューからの情報なのだが、外部マイクを接続しても、内臓マイクがオフされない仕様らしいので、それは結局撮影した映像に内臓マイクの音声も収録されてしまうということだろう。レビューを見る方であれば、いらない情報だと思うが、多くの方が”画質は良いが、音質が悪い”ともっぱら言われている。僕の感じた感想と同じだ。

 

ということで、非常に惜しいアクションカメラなのだが、価格は1万円以下で購入できるという所を、どう見るか、が大切なのだろう。実際、これより安い、もしくは同等価格のアクションカメラで、これほどのクオリティをもつカメラは多くはない。もう少し予算を出せば、AKASO Brave 7 LEも視野に入ってくるが、画質や機能は良くなるのは確定だが、音質問題に関してはどうだろう。改善というか満足できるほどなのだろうか。中華製アクションカメラの弱点は音質だと思うので、その辺かなり気になるところだ。

 

 


他にも気になるアクションカメラ

先程、AKASO Brave 7 LEが登場したので、もう一つ気になっているアクションカメラを紹介しておく。ここからは、僕の個人的なくだらない内容がつらつらと続く。

それはコチラ⇨

 

XTU MAX

かなり評判の良いアクションカメラで、かなり気になっている。前面ディスプレイも搭載しているし、Youtubeでレビュー映像を見てもかなり綺麗。動いている比較映像を見ても、手振れ補正もかなり効きそうだ。価格が2万円前後と他のアクションカメラに比べると少し高いが、その価値はあるんじゃないかと思っている。

 

実は最近、一時の気の迷いでGoPro HERO 9を検討したのだが、価格が6万円超えの、セットが69,800円とでてくる。た、高いな、と。

もちろん満足はできるのだろうけど、ちょっと高いな。僕の使い方だと、今は基本屋内での撮影だし、価格ほどの実質的な違いは出るだろうか。まぁ今後外出できるようになれば旅行などでアクティブなVLOG撮影もしたいと思っているけど、コロナの影響があるので、まだ当分先になりそうだ。ただ数年先のその時にアウトドアで活躍するGoProをどうせ購入するのなら、XTU MAXも直近で購入すると、結果としては、支出がその分増加する。GoProを今日以降10年以上買わないということはなさそうだし、ここ5年以内での支出額で考えると、アクションカメラ3台はいらないだろうし、だったらGoProも、、、んー難しい。

 

 


今回紹介した商品のリンクまとめ


 

 


 


前回の記事⇨

男一人暮らし用のキッチンラックを購入したのでレビュー”アイリスプラザ PRK-80”

最新情報をチェックしよう!